入れ歯

入れ歯のメリット・デメリットは?

入れ歯のメリット・デメリットは?

入れ歯のメリットやデメリット、また歯を失ったらなぜ義歯治療が必要なのかという点についてご紹介いたします。

歯をなくしたら放置はNG

虫歯、歯周病、外傷などで歯を急に失ってしまうことは起こりうることです。ただし歯を欠損したままにしておくのは、お口の健康にとってよくありません。

  1. 欠損した部分に咀嚼の刺激が伝達されないため顎骨(がっこつ)が痩せる
  2. 欠損した部分へ隣接する歯が倒れてくる
  3. 歯並びが悪くなることで噛み合わせも悪くなる
  4. 歯並びの悪さから清掃がしにくく歯垢や歯石が溜まり虫歯や歯周病へのリスクが高まる
  5. 噛みやすい方で噛むため、顎関節症へのリスクが高まる

入れ歯の役割

入れ歯は失った歯の機能を補い、見た目を改善することができる治療法の一つです。加齢や事故、歯科疾患などの理由で歯を失うと食事の質が低下したり、見た目への自信を失うことがあります。メリットとデメリットの両方を理解したうえで、入れ歯治療を選択することが重要です。

入れ歯のメリット

では、入れ歯のメリットについてご案内します。

  • 歯の機能の向上
  • 見た目の改善
  • 口腔内の健康維持
  • インプラントに比べて費用が安い

歯の機能の向上

歯を失ったことによる咀嚼能力の低下は、入れ歯によって大きく改善されます。入れ歯を装着することで咀嚼をしっかり行え得て食事の質が向上し、栄養状態も良くなります。

見た目の改善

歯の欠損は見た目にも大きく影響します。歯の欠損が原因で起こる歯並びの悪化も入れ歯装着により避けることが出来るため、自然な笑顔を取り戻せます。

口腔内の健康維持

歯の欠損で他の歯が横に倒れたりすると磨きにくくなり、歯に歯垢や食べかすが残りやすくなります。入れ歯はそのような口腔内の清掃性の悪化を防ぎ、口腔全体の健康を維持できます。

インプラントに比べて費用が安い

インプラントは自費治療に該当するため、自己負担額が100%です。入れ歯は保険適用内の治療から自費治療まで選択肢があるため、比較的低コストで始められる治療法です。

入れ歯のデメリット

対して、入れ歯のデメリットについてご説明いたします。

  • 装着に慣れず、違和感が長引く可能性がある
  • お手入れが面倒である
  • 使えなくなるまでの寿命が短い
  • 他の残存歯に影響を及ぼす

装着に慣れず、違和感が長引く可能性

初めて入れ歯を使用する際には、適応するまでに時間がかかる方が多いです。保険適用の入れ歯を例に挙げますが、材料が限定されているため厚みが出てしまい、慣れるまで一時的な不快感や違和感を感じることがあります。

お手入れが面倒である

入れ歯は日々の適切な清掃や定期的な歯科診察が欠かせません。食後には必ず入れ歯を外し、ブラシで清掃したり、洗浄剤に浸しておくなどのお手入れをします。毎日行うお手入れが面倒と思われがちです。

使えなくなるまでの寿命が短い

入れ歯の寿命は大体5年位です。洗浄中に洗面台へ落として破損したり、噛み合わせが悪いまま放置していると更に短い年数になることがあります。適切なケアをしても入れ歯が壊れたり合わなくなったりして寿命となり、数年ごとの交換が必要になるケースもあります。

他の残存歯に影響を及ぼす

保険適用の部分入れ歯の場合、金属のバネを隣接する歯に引っ掛けて安定させます。食べ物を噛む時支台歯に大きく負担がかかることでダメージを受けてしまい、細菌感染などを起こす可能性があります。

入れ歯の種類


入れ歯には、総入れ歯、部分入れ歯など適応範囲により大きさが異なります。また、保険適用か、自費治療かなど種類も様々です。

保険適用の入れ歯

  • レジン床義歯・・保険適用内のレジンで作製するため厚みやがたつきはあるが費用は安い

保険適用外(自費診療)の入れ歯

  • 金属床義歯・・熱伝導に長けた金属で床を作製するため丈夫
  • ロケーター義歯・・インプラントを支台としロケーター(ボタン)で固定するため安定性に優れている
  • マグネットデンチャー・・歯根に磁性金属と磁石を入れて磁石の力で安定して噛める
  • ノンクラスプデンチャー・・金属のバネがないため見た目が綺麗

それぞれの特徴を把握し、個々の状況やニーズに応じて選択することが大切です。適切に選べばメリットを最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えることができます。

適切なお手入れ方法

少しでも長く、快適に使用するためには、正しいお手入れが不可欠です。食後に行う日常的な清掃(ブラシによる清掃や洗浄剤への浸け置き)に加えて、定期的に歯科医院でのチェックを受けましょう。安定性や噛み合わせのために調整が必要ならば、調整を行ってもらうことをおすすめします。

入れ歯のメリット・デメリットに関するQ&A

入れ歯のメリットは何ですか?

入れ歯は、失った歯の機能を補い、見た目を改善する治療法です。メリットとして、まず咀嚼能力の向上が挙げられます。これにより食事の質が上がり、栄養状態も改善されます。見た目の改善も重要です。さらに、入れ歯は歯の欠損による歯並びの悪化を防ぎ、口腔内の健康維持にも貢献します。加えて、インプラントに比べて費用が安いこともメリットの一つです。

入れ歯のデメリットは何ですか?

デメリットとして、装着時の違和感や慣れまでに時間がかかることが挙げられます。特に保険適用の入れ歯は材料の制約があり、厚みやガタつきが出ることがあります。さらに、お手入れが面倒で、毎日適切な清掃や定期的な診察が必要です。また、使えなくなるまでの寿命は約5年と短く、交換が必要になることや、部分入れ歯の場合、支台歯への負担が増えることで歯肉の炎症や歯のダメージが発生する可能性もあります。

入れ歯の適切なお手入れ方法は何ですか?

長く快適に使用するためには、日常的なお手入れと定期的な歯科診察が不可欠です。食後には入れ歯を外してブラシで清掃し、洗浄剤に浸けておきます。また、定期的に歯科医院でチェックを受け、必要に応じて調整を行います。これにより、安定性や噛み合わせを維持し、寿命を延ばすことができます。

まとめ


入れ歯治療はメリットもデメリットもあります。入れ歯を検討する際には、患者さんご自身にとって最適な入れ歯を選ぶこと、そして適切なケアを続けることが、快適な毎日を送るためにとても大切です。そのためにも、入れ歯をの症例経験が多い歯科医師に診断してもらい、しっかりと治療計画を説明してもらいましょう。

入れ歯には、次のようなメリットとデメリットがあります。

◆メリット
1. [Heydecke et al., 2003] 入れ歯は、口腔機能や全体の健康関連のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に寄与します。特に、入れ歯により、咀嚼や話すといった機能が回復し、見た目や自信の向上に繋がることが報告されています。

2. [Allen & McMillan, 2003]

この研究では、入れ歯により患者の満足度やQOLが向上することが示されています。さらに、特にインプラント補綴の患者では、心理的側面でも大きな改善が見られました。

◆デメリット
1. [Redford et al., 1996] 入れ歯の品質に問題がある場合、使用者の60%が少なくとも一つの問題に直面していることが報告されています。

2. [Boucher, 1960] 入れ歯治療は、多くの高齢者や不健康な人にとってアクセスしづらいという問題があります。

結論として、入れ歯は口腔機能やQOLを改善する効果があり、特にインプラント補綴によって患者の満足度や心理的健康も向上します。ただし、品質の問題やアクセスのしやすさに関してデメリットが指摘されています。

この記事の監修者

医療法人真摯会
西宮クローバー歯科・矯正歯科 院長
廣石 勝也
朝日大学歯学部卒業。大阪歯科大学総合診療科臨床研修終了。国際口腔インプラント学会会員。

▶プロフィールを見る