矯正歯科

インビザラインは外食の時に必ず取り外すの?

インビザラインは外食の時に必ず取り外すの?

インビザラインをつけて矯正すると外食の際に面倒と思われますが取り外すのには大事な理由があります。それは、お口の中でマウスピースが破損するというリスクがあるからです。インビザラインをつけたまま食べてはいけない理由について詳しくご紹介します。

インビザラインの装着時間

時計

インビザライン矯正の装着時間は約20時間~22時間以上(当院では22時間推奨)です。マルチブラケット矯正に比べて見た目から歯列矯正をしているとわかりにくいマウスピース矯正は、半透明なマウスピース(アライナー)を装着して歯の動きを確認後、新たなアライナーに変更し、歯並びのトラブルを治療していきます。

ワイヤー矯正は患者さん自身で取り外せませんので24時間お口に装置をつけた状態です。マウスピース矯正は患者さん自身の手で取り外しが可能です。そのため、装着の時間を守らないと歯が動かなかったり、口腔内のトラブルに発展するケースがあります。

食事と歯磨き以外は装着しよう

1日22時間マウスピースを付けるためには、基本的には食事と歯磨きの時間を除いてインビザラインは装着しなければいけません。

  • 食事や水以外の飲み物や熱いお湯を飲む場合、インビザラインを外す
  • 食後の歯磨きを終えたらすぐに装着する

インビザラインの矯正の詳細について詳しくはこちらをご覧ください。

外食の際にインビザライン外すべき?

食事

僅かにしか咀嚼しないおやつを食べる時や水以外の飲み物を摂取する時も、アライナーを外す必要があります。矯正器具を取り外して歯磨きをしてまた装着するのが面倒だったり、人前で外すのに抵抗があるというのも理解できますが、外食やおやつの際は事前にアライナーを取り外すことはとても大切です。

マウスピースを取り外さずに食事をするとどうなる?

マウスピースを付けたままで食事をすると・・

  • マウスピースを付けたままで食べ物を噛むと変形したり壊れることがある
  • 食べかすがマウスピースと歯の間に入ると、歯に歯垢がたまりやすく、虫歯のリスクが上がる
  • 壊れた際に口内を怪我することがある
  • 変形して歯に装着出来なくなることがある

マウスピースを取り外さずに飲み物を飲むとどうなる?

マウスピースをつけたままで飲み物を飲むと・・・

  • 飲み物がマウスピースの中に入り込み、その色でマウスピースが見えてしまう
  • 飲み物がマウスピースと歯の間に入ると、マウスピースの着色汚れを起こしやすい
  • 糖分を含んだ飲み物が歯とマウスピースの間に入ると虫歯のリスクがあがる
  • 熱い飲み物を飲むとマウスピースが変形する
通院の前日もきちんと取り外そう

翌日が通院日でアライナーの交換予定だからとつけたまま食事をするのは控えましょう。担当医から「歯の動きが悪いためこのまま交換せず今のアライナーを装着しましょう」と前のものを使用する状態も考えられます。僅かな食事でもアライナーは必ず外すべきです。

外食の時の注意点

注意

外食をすると決まっていればあらかじめケースを持参しましょう。そして、トイレなどでマウスピースを外し、軽く水洗いをしてケースに入れるのが最適です。

専用のケースを使う理由は、ティッシュや紙ナプキンでくるんだままテーブルに置いていると、ごみと間違えられて捨てられるという事が多いためです。衛生状態にも不安がありますので、外食の際には必ず下記の点を守りましょう。

  • 食前に必ず取り外して、ケースに保管する
  • 食後すぐにしっかりと歯磨きを行い、食べかすや歯垢のない状態でマウスピースを装着する

食前にマウスピースを外し、食後はなるべく早く歯磨きを行い再度装着するという生活習慣を身につけましょう。

インビザラインは外食の時に必ず取り外すのかに関するQ&A

インビザラインの装着推奨時間はどれくらいですか?

インビザラインの推奨される装着時間は、約20~22時間以上です。これは、マウスピースが歯を動かすために必要な時間であり、この時間を守らないと効果的な矯正結果が得られない可能性があります。

インビザラインをつけたまま食事をするとどのようなリスクがありますか?

インビザラインをつけたまま食事をすると、変形したり壊れたりするリスクがあります。また、食べかすがマウスピースと歯の間に入り、歯垢がたまりやすくなり、虫歯のリスクが高まります。さらに、マウスピースが壊れると口内を怪我する恐れがあります。

インビザラインをつけたまま飲み物を飲むとどうなりますか?

インビザラインをつけたまま飲み物を飲むと、マウスピースが着色される恐れがあります。特に、色のある飲み物はマウスピースの中に入り込み、見た目に影響します。糖分を含む飲み物は虫歯のリスクを高め、熱い飲み物はマウスピースの変形を引き起こす可能性があります。

まとめ


インビザライン矯正中に外食される場合は、必ずケースを持参して食事の前に取り外して清潔に保管してから、食事を楽しみましょう。マウスピースの紛失や破損、変形があると再作製が必要となり、そのためにまたiTeroでの歯型取りが必要になります。

綺麗な噛み合わせの良い歯並びになるまで、さらに費用や通院のための日数もかかってしまいます。※インビザラインは保険のきかない自由診療です。

インビザラインの使用に関する研究を検討しましたが、外食時にインビザラインを取り外す必要性について直接的に言及している研究は見つかりませんでした。ただし、インビザラインの全般的な使用に関するいくつかの研究から、その使用指示に関して推論することができます。

1. インビザラインのメンテナンス
インビザラインのメーカーは、固形食品や水以外の飲み物を摂取する際には装置を外すことを推奨しています。これは、クリアな熱可塑性素材の変色を避けるためです。この研究では、インビザラインによる色の安定性と、異なる汚れの除去剤を使用したクリーニング方法の効果が評価されています。【Bernard et al., 2020

2. 患者さんの経験
インビザラインの患者さんは、装置の挿入後の最初の数日間に痛みを訴えることがありますが、このグループは口内症状が最も少なく、一般的な活動の障害や口内機能のレベルもバッカル装置(通常の矯正装置)に似ていました。この研究は、インビザライン使用者の健康関連の生活の質に関する成人患者さんの認識を調査しています。【Shalish et al., 2012

これらの研究から、インビザラインは食事中に外すことが推奨されており、特に色の変化を避けるために飲食物の摂取時には取り外すことが一般的な指示であると考えられます。また、インビザラインを使用している患者さんは、装置の管理とメンテナンスに関して注意深く指導を受けることが重要であるとされています。

この記事の監修者

医療法人真摯会
西宮クローバー歯科・矯正歯科 院長
廣石 勝也
朝日大学歯学部卒業。大阪歯科大学総合診療科臨床研修終了。国際口腔インプラント学会会員。

▶プロフィールを見る