こども

口呼吸と歯並びの関係性について

口呼吸と歯並びの関係性について

口呼吸と歯並びは密接に関係しています。理由として口呼吸で口が開いたままになると、舌がきちんと正しいスポットになく下方にあるため、違う点に力がかかり、歯並びが悪くなるからです。

口呼吸の歯並びへの影響

鼻で息を吸って吐くことを鼻呼吸、口で息を吸って吐くことを口呼吸と言います。子供の頃から口で呼吸をする癖があると、歯並びにも影響を及ぼします。

1. 歯列弓が狭くなる

口呼吸はお口周辺の筋肉や歯列の正常な発達を妨げる可能性があります。口呼吸を続けていると、顎や舌、頬などの筋肉が十分に使われず、顎の成長に悪影響を及ぼすことが多いです。

  • 口呼吸では、頬の筋肉(特に頬筋)の緊張が強く、内側への圧力が強くなります。
  • この圧力が歯列弓を内側に押し込み、狭窄を引き起こします。

2. 舌の位置と機能

口呼吸をしていると、舌が低い位置にとどまりがちです。これは低位舌と呼ばれ、上顎の発達が阻害されて、狭窄や高口蓋の原因となる可能性があります。

  • 正常な鼻呼吸では、舌は上顎に接して位置し、自然に上顎を広げる力を与えます。
  • 口呼吸では舌が低い位置にとどまり、上顎への圧力が不足します。これにより上顎の横方向への発達が制限されます。

3. 上顎の発達不全

適切な鼻呼吸は、舌が上顎に自然に圧力をかけることで、歯列弓の正常な発達を促します。口呼吸ではこの過程が妨げられる可能性があります。

  • 鼻呼吸は上顎洞の発達を促進しますが、口呼吸ではこの過程が阻害されます。
  • 上顎洞の発達不全は、上顎全体の成長を制限し、結果的に歯列弓を狭くします。
  • 口呼吸は高口蓋(狭く深い口蓋)の形成を促進する傾向があります。

4. 口内が乾燥して唾液の流れを阻害する

口呼吸を続けていると口腔内が乾燥しがちになり、唾液が行きわたらなくなった結果、歯列の発育に影響を与える可能性があります。

  • 口呼吸は口腔内を乾燥させ、唾液の正常な流れを阻害します。
  • これにより歯や歯肉の健康に影響を与え、間接的に歯列弓の形成に影響を及ぼす可能性があります。

5. 顔の形への影響

長期的な口呼吸は、いわゆる「アデノイド顔貌」を引き起こす可能性があり、これは歯並びにも影響します。

6. 矯正治療への影響

口呼吸の習慣は、歯科矯正治療の効果を減少させたり、治療後の再発リスクを高める可能性があります。

これらの理由から、鼻呼吸をすることは、健康な歯並びを保つ上で重要です。口呼吸の習慣がある場合は、その原因を特定し、適切に対処することが推奨されます。

鼻呼吸と口呼吸でなにが違う?

鼻呼吸と口呼吸の違いは、主に鼻の構造と口の構造によります。

鼻呼吸の場合

鼻呼吸をしている方は空気が鼻の穴を通るため、鼻の毛や粘膜がフィルターの役割をして、細菌やウィルスの体内への侵入を防ぐ役割があります。鼻呼吸ではお口を閉じているため、口腔内が唾液で潤っています。

口呼吸の場合

口呼吸の方はお口をずっと開ける必要があり、お口ポカンの状態が続き、口呼吸の方はお口が乾燥します。口にはフィルターがないため直接のどに侵入し、乾燥から細菌感染や風邪をひきやすいです。唾液がないため虫歯や歯周病にもかかりやすくなり、重度の虫歯や歯周病になると、膿が発生するため口臭が発生してしまいます。

口呼吸を起こす原因

口呼吸になる原因として主に三つの原因が挙げられます。

アレルギー性鼻炎で鼻呼吸ができない

鼻水や鼻詰まりで鼻が塞がっていると、どうしても口で呼吸を行わなければいけません。

マスク生活が長く、鼻で呼吸がしづらい

感染症のリスク回避のため、人前ではマスクを着用するという期間がありました。マスクをしているとどうしても鼻での呼吸がしづらくなり、口で呼吸を行うことが習慣になってしまった方もおられるのではないでしょうか。

幼児期に柔らかい食べ物しか食べず口を閉じるための筋肉が発達していない

加工技術の発達により柔らかい食べ物が増え、噛む動作が必要なくなることが多くなりました。それによりお口周りの筋肉(口輪筋)が発達せず、口を閉じる筋力が弱い方もおられます。

歯並びを整えるために

歯並びを綺麗に整えるためには、大きな永久歯を並べるスペースが必要です。つまり、顎の広さが大切になります。歯の生え変わりの頃に上あごも下あごも十分なスペースがあれば、歯はきちんと生え、重なることなどありません。

鼻呼吸で顎が発達する仕組み

鼻呼吸で顎を発達させるには、いくつかの力が働くことが大切です。

  • スポットと呼ばれる前歯の裏側のくぼんだ位置に舌先がついた状態であれば、正常な力が外側へむけてかかります
  • 口周りや頬の筋肉がきちんと作用すれば、正常な力が内側へ向けてかかります

舌や唇の力、頬や口周りの力がどちらもかかることで顎は正常に発達していますが、これはいずれも鼻呼吸であるという前提です。

口呼吸で顎が発達しない仕組み

口呼吸の場合は口が開いたままになるため、舌が上顎につかず、正常な位置より下の方へ下がった状態になります。

そのため、

  • 上顎にかかるべき舌の力が下顎にかかってしまい、下のあごが前に発達し、受け口(下顎前突・反対咬合)
  • 舌が上顎の発達を促進しないことで歯が重なって生えてしまい、ガタガタの歯並び(叢生)
  • 口が閉じていないことで唇の力が働かず、歯が前方に発達してしまう出っ歯(上顎前突)

口呼吸は歯並びのトラブル(不正咬合)を助長してしまいます。口呼吸を鼻呼吸に変え、固い食べ物をしっかり噛んで食べることで、お口周りの筋力が発達し、小さなお子さんの場合は、顎の発達を広げられる可能性があります。

永久歯を抜く処置を伴うことが多い大人の矯正と異なり、子供のうちから始めると抜歯処置が必要ではないというケースが多いです。

口呼吸と歯並びの関係性に関するQ&A

なぜ口呼吸は歯並びに影響を及ぼすのでしょうか?

口呼吸は口が開いた状態が続き、舌が正しいスポット(上顎)にないため、舌の力が歯並びに影響を及ぼします。舌が下方にあることで、上顎にかかるべき力が不足し、歯並びが悪くなります。これが原因で、顎の発達が正常に行われず、受け口や叢生、出っ歯などの不正咬合が生じやすくなります。口呼吸は歯並びだけでなく、口腔内の乾燥や虫歯、歯周病のリスクも高めます。

口呼吸を引き起こす原因は何ですか?

口呼吸を引き起こす原因には、以下の3つがあります。
1. アレルギー性鼻炎による鼻詰まりで鼻呼吸が困難になる。
2. マスク生活の長期化で鼻呼吸がしづらく、口呼吸が習慣になる。
3. 柔らかい食べ物の摂取で噛む動作が必要なくなり、口輪筋が発達せず、口を閉じる筋力が弱くなる。このため、口呼吸が常態化し、歯並びに影響を及ぼすことがあります。

鼻呼吸で顎の発達が促進される仕組みは何ですか?

鼻呼吸で顎の発達が促進されるのは、舌と口周り、頬の筋肉の力がバランスよく作用するためです。舌がスポットに正しく位置することで上顎に外側への力がかかり、口周りや頬の筋肉が内側への力をかけることで、顎が正常に発達します。このバランスは鼻呼吸を前提とし、これにより歯並びや顎の成長が正常に行われます。

まとめ

口呼吸は舌の位置を下げてしまうので綺麗な歯並びに必要な力が加わらず、感染リスクが増加します。お子さんの歯を定期的に歯科で健診を受け健康な状態を保ち、歯並びが気になる場合は早めに小児矯正を行っている歯科医院へ相談しましょう。矯正器具(拡大床、ワイヤーブラケット、マウスピースなど種類あり)の装着の他に、口腔機能療法などで歯並びを後戻りを防止するため、お口を鍛えるトレーニングを並行して行うことがあります。

この記事の監修者

医療法人真摯会
西宮クローバー歯科・矯正歯科 院長
廣石 勝也
朝日大学歯学部卒業。大阪歯科大学総合診療科臨床研修終了。国際口腔インプラント学会会員。

▶プロフィールを見る