虫歯

虫歯を放置するとどうなるの?

虫歯を放置するとどうなるの?

学校や仕事が忙しかったり、歯医者が苦手だったりして、つい虫歯を放置してしまうことがあります。虫歯を放置するとどのようなことが起こるのかご説明します。

虫歯を放置した場合の影響

放置した場合の影響 説明
痛みの悪化 歯髄炎や歯根膿瘍を引き起こす
咀嚼障害 食事が困難になり栄養不足になる
歯の喪失 虫歯が進行して抜歯が必要になる
噛み合わせの問題 隣の歯や対向する歯が移動し、噛み合わせが悪くなる
全身への影響 細菌が血流に入り、心臓や他の臓器に影響を及ぼす可能性がある

虫歯が進行するとどうなるのか?

虫歯の進行

虫歯が進行すると、歯の痛みが起こったり、痛みのために噛めなくなり、食事がしづらくなります。最悪の場合は歯を失うことになります。

1. 歯に大きな穴があく

虫歯が進行していくと、歯の表面のエナメル質が溶かされ、歯の内部に穴があいて、どんどん穴が深く大きくなっていきます。

2. ズキズキと強い痛みが続く

初期虫歯の段階では痛みはありませんが、虫歯が歯髄(神経)に達すると、ズキズキと強い痛みや腫れが起こります。痛み止めの薬を飲むことで一時的に痛みは和らぎますが、出来るだけ早く治療を受けることをおすすめします。

3. 歯の神経が死んでしまう

虫歯の治療をせずに強い痛みを薬で抑えるなどして我慢していると、やがて痛みを感じなくなりますが、それは治ったのではなく、歯の神経が死んでしまったからです。この段階では歯がかなり溶かされてしまっていますが、まだ差し歯に出来る可能性がありますので、一刻も早く歯科を受診しましょう。

4. 歯の喪失

治療を受けずに虫歯を放置すると、虫歯がどんどん進行して歯の大部分が溶けて失われ、最終的には抜歯が必要になる可能性があります。抜歯すると失った歯を補うためにブリッジ、入れ歯、インプラント等の治療が必要になります。

虫歯の痛みの原因とは?

虫歯の痛みは、歯が虫歯の出す酸で損傷を受けることで起こります。その程度によって痛みの度合いも違います。

1. 細菌の増殖

歯に付いた食べかすなどの汚れは、一定時間が経過すると歯垢に変わります。歯垢は細菌の塊で、糖を分解して酸を生成します。この酸によって歯が溶かされるのが虫歯です。

2. エナメル質の表面を酸で溶かす

酸が歯のエナメル質を侵食すると、小さな穴や裂け目が生じ、これが最初の虫歯の兆候となります。

虫歯菌が出す酸が歯の表面のエナメル質を溶かすと、白や茶色の変色が起こったり、小さな穴があきます。この段階ではまだ痛みは出ませんので、早く処置を受ければ重症化させずに済みます。

3. 象牙質への進行

虫歯がエナメル質を溶かし、その内部に進行すると、より柔らかい象牙質に到達します。象牙質の虫歯は進行しやすく、虫歯の穴は急速に大きく深くなることが多いです。治療は虫歯を削り取った後、詰め物か被せ物になります。

4. 神経への影響

虫歯がさらに進行して歯の中心部にある歯髄まで到達すると、炎症が生じて歯髄炎を起こし、これが虫歯の強い痛みの原因となります。歯髄炎を起こしているときは神経を抜く治療が必要になり、その後被せ物を被せます。歯を大きく削らなければならず、被せ物を付けられない場合は抜歯になり、ブリッジ、入れ歯、インプラント等の治療が必要になります。

虫歯の早期発見のためのセルフチェック方法

虫歯の早期発見のためのセルフチェックは、定期的な口腔内の観察と感覚に基づく確認を行うことで実施できます。以下はいくつかのセルフチェック方法ですが、これらの方法で異常を感じた場合や不安がある場合は、必ず歯科医に相談してください。

1. 目で見て確認

鏡で歯を見て確認します。黒っぽい点や穴、白っぽい斑点などの初期の虫歯の場合に起こる症状を探します。

2. 食べ物が詰まる箇所がないか

食べ物が詰まりやすい場所がある場合、そこが虫歯になっていて穴や傷がある可能性があります。

3. 歯の痛み・しみはないか

甘いもの、冷たいもの、酸っぱいもの、熱いものを食べたときや飲んだときに、痛みが出る場合、初期の虫歯が出来ている可能性があります。

4. デンタルフロスでの確認

デンタルフロスを使用して歯と歯の間を掃除する際に、フロスが引っかかって外れない場所がある場合、その部分に虫歯が出来ているいる可能性があります。

5. 歯の表面を舌で確認

舌で歯の表面をなぞり、ざらざらした部分や凹みを感じる場所があれば、初期虫歯になっている可能性があります。

6. 口臭の有無

慢性的に口臭がある場合は、虫歯や歯周病などが原因になっていることがあります。

以上のセルフチェックは参考程度にお考え下さい。虫歯や歯周病を初期の段階で発見するためには、定期的に歯科健診を受けることをおすすめします。

歯医者が怖くて虫歯を放置してしまった方へ

歯の治療が怖いとおっしゃる方は多くおられます。しかし虫歯を放置すると歯を失うことに繋がるばかりか、全身にも健康リスクを招く可能性があります。

歯医者恐怖症の方に安心して治療を受けて頂くために、歯科医院では様々な取り組みを行っています。治療前にまずご自身の不安や希望を歯科医師やスタッフにしっかりと伝え、最適な治療方法を話し合って見つけていきましょう。

当院での取り組み

院長と患者さん

歯医者恐怖症の患者さんをサポートするために、当院では以下のような取り組みを行っています

1. 治療前に患者さんのお話をじっくりお聞きする

治療前に患者さんの不安や心配な点を詳しくお聞きして理解することで治療方針や進行を調整します。

2. 痛みのない治療を心がけている

歯の治療中は麻酔をしますので、痛みを感じることはありません。そして麻酔の注射も、表面麻酔を行ってから注射針を刺す、麻酔液を体温に近い温度に温めておく等、痛みの出ないような方法で行っています。

3. リラックスできる院内の環境

治療室のデザイン、BGM、照明等、出来るだけ患者さんがリラックスできる空間づくりに取り組んでいます。

4. 治療内容のご説明

治療の手順や使用する器具、治療の流れ、治療費を事前にご説明し、患者さんの理解と同意を得ることで少しでも患者さんの不安を軽減させられるように取り組んでいます。

虫歯の放置に関するQ&A

虫歯が進行するとどのような症状が起こりますか?

虫歯が進行すると、最初はエナメル質の溶解により歯に小さな穴が開きます。進行すると歯の内部まで達し、ズキズキとした痛みや歯髄(神経)の炎症が生じます。最終的には神経が死んでしまい、治療を受けなければ歯の喪失に至ることがあります。

虫歯の痛みの主な原因は何ですか?

虫歯の痛みの主な原因は、細菌が生成する酸による歯の損傷です。この酸がエナメル質を溶かし、次に象牙質を侵食し、最終的には歯髄に達して炎症や歯髄炎を引き起こします。これが虫歯の強い痛みの主要な原因です。

虫歯の早期発見のために自宅でできるセルフチェック方法はありますか?

虫歯の早期発見のためのセルフチェックには、目で歯の変色や穴を確認する、食べ物が詰まる箇所のチェック、歯の痛みや敏感さの確認、デンタルフロスを使った確認、舌で歯の表面のざらつきを感じる、口臭の有無などがあります。これらの異常を感じたら、歯科医に相談して診断や治療を受けることが重要です。

まとめ

虫歯は酸によって歯に穴があき、進行していくと激しい痛みが起こり、そのまま治療しないでいると歯を失う可能性があります。虫歯を早期発見することは大変重要で、セルフチェックもできますが、定期的に歯科健診を受けると虫歯や歯周病の予防も出来ます。

歯医者が怖い場合でも、当院ではコミュニケーションを重視し、痛みのない治療を提供する取り組みを行っています。ぜひ虫歯を放置せず、早めに適切な治療を受けましょう。

虫歯を放置すると以下のような影響が出る可能性があります。

1. 子供における虫歯の放置とその治療の影響
虫歯を放置した子供たちは食事(55.5%)、睡眠(40%)、そして歯の見た目が原因で笑顔を避ける(27.3%)などの問題を経験していました。親の半数以上が、子供が歯痛を訴えていると報告しています。また、虫歯によって子供が食事(40.9%)、イライラ(38.2%)、飲み物の摂取に問題(30.9%)を感じていると親は感じていました。さらに、約半数の親が子供の歯科疾患のために罪悪感を感じていました。歯科治療後、参加者は全体的な健康状態が大幅に改善したと報告しています。【BaniHani, Deery, Toumba, Munyombwe, & Duggal, 2018

2. 放置された虫歯が学業成績と社会生活に与える影響
虫歯を放置した子供は学業成績が低下する傾向があり、社会生活の面でも悪影響を受けていました。これらの子供たちは言葉によるいじめを受けやすいとも報告されています。経済的な状況や性別、家族の収入、親の教育レベルなど、学業成績と虫歯の未治療との関連に影響を与えるさまざまな要因が指摘されています。これらの発見は、虫歯のリスクを減らすための適切な介入計画の策定と、未治療の虫歯のある子供を検出し、これらの状態を適切に管理して生活の質と教育の側面を向上させるためのスクリーニングプログラムを計画することが急務であることを示唆しています。【Amer, Alsehaim, Alabdalaal, Alsemran, Mansori, Almahmadi, Subahi, Feteih, Alshehri, Alasmari, & Alqahtani, 2021

これらの論文に基づいて、虫歯を放置すると子供たちの日常生活や健康状態に大きな悪影響を及ぼすことが明らかになっています。食事、睡眠、笑顔の避け、親の罪悪感、さらには学業成績の低下や社会生活への悪影響が含まれます。これらの問題を防ぐためには、適切な歯科ケアと虫歯の早期治療が重要です。

この記事の監修者

医療法人真摯会
西宮クローバー歯科・矯正歯科 院長
廣石 勝也
朝日大学歯学部卒業。大阪歯科大学総合診療科臨床研修終了。国際口腔インプラント学会会員。

▶プロフィールを見る