詰め物・被せ物

親知らずの抜歯が難しいケースとは?

親知らずの抜歯が難しいケースとは?

親知らずの歯科医院での抜歯が難しく、病院の口腔外科を紹介する場合に見られる主な症状や状況についてご説明します。

親知らずの抜歯が難しく病院の口腔外科を紹介する症状と状況

親知らずの抜歯に病院を紹介する場合

以下のようなケースでは、一般的な歯科医院では対処が難しいため、病院の口腔外科での専門的な治療が必要となることがあります。

1. 埋伏歯(完全埋伏または部分埋伏)

親知らず

親知らずが完全に歯肉や顎の骨に埋まっている場合、埋伏歯と呼ばれます。部分的にしか歯茎の上に出ていない状態の場合でも、抜歯が難しくなります。これにより、周囲の歯や骨を傷つけるリスクが高く、また出血が多くなることも予測されるため、専門的な手術が必要になります。

2. 異常な位置や角度で生えている場合

親知らず

親知らずが横向きや斜めに生えている場合、周囲の歯に圧力をかけたり、歯肉を刺激したりすることがあります。このような異常な位置や角度で生えている親知らずは、一般歯科での抜歯が難しくなるため、病院の口腔外科での手術が推奨されます。

3. 重度の感染や膿瘍がある場合

親知らずの周囲の歯肉や骨に重度の感染や膿瘍が生じた場合、一般的な歯科治療では対処しきれないことがあります。感染が広がるリスクが高いため、入院や専門的な治療が必要となる場合があります。

4. 神経や血管に近接している場合

親知らずが顎の中の重要な神経や血管に非常に近い場合、その抜歯には慎重な技術が求められます。誤って神経や血管を損傷すると、重大な合併症を引き起こす可能性があるため、専門的な知識と技術を持つ口腔外科医による手術が必要です。

5. 骨が厚く硬い場合

顎の骨が特に厚く硬い場合、親知らずの抜歯は困難を伴います。特に埋伏歯の場合、骨を削る必要があるため、一般的な歯科医院では対応が難しいことがあります。

6. 全身的な健康問題がある場合

患者さんが全身的な健康問題(例えば、心臓病、糖尿病、血液の病気など)を抱えている場合、抜歯手術のリスクが高くなることがあります。このような場合、安全に手術を行うためには、病院の口腔外科での専門的なケアが必要となります。

親知らずが埋伏歯である場合、抜歯が難しい理由

親知らずの不正な生え方

親知らずが埋伏歯である場合、抜歯が難しい理由は以下の通りです。

親知らずの埋伏歯とは?

埋伏歯とは、歯が完全に顎の骨や歯肉に埋まっていて、正常に萌出していない状態を指します。親知らずが埋伏歯になることはよくあり、この状態がさまざまな問題を引き起こすことがあります。

抜歯が難しい理由

1. 大部分が埋まっているため視認性とアクセスの困難

埋伏歯は歯肉や骨の中に完全に隠れているため、歯科医師は、適切な位置を確認しながら正確に歯を抜くために、レントゲンやCTスキャンなどの画像診断を必要とします。歯が見えないため、通常の抜歯よりも多くの技術と注意が必要です。

2. 骨の除去が必要

埋伏歯を抜歯するためには、周囲の骨を一部除去する必要があります。これは、歯を取り出すための空間を作るためであり、通常の抜歯よりも抜歯する部位に負担のかかる手術となります。骨の除去は、適切な器具と技術を用いる必要があり、歯科医師の経験とスキルが求められます。

3. 神経や血管に近い部分に生えている

親知らずは顎の奥に位置しているため、重要な神経や血管に近接していることが多いです。特に下顎の親知らずは、下顎神経に非常に近い場合があります。この神経を傷つけないように慎重に抜歯を行う必要があり、誤って神経を損傷すると、しびれや痛みといった合併症を引き起こす可能性があります。

4. 歯の分割と取り出し

埋伏歯の抜歯では、歯を分割して小さくしてから取り出すことが一般的です。これは、周囲の骨や組織に与えるダメージを最小限に抑えるためです。歯の分割には、高度な技術と専用の器具が必要であり、処置が長時間に及ぶこともあります。

5. 感染のリスク

埋伏歯の抜歯は歯茎を切り開く必要があり、通常の抜歯よりも患部が大きくなるため、感染のリスクが高まります。手術後の適切なケアと抗生物質の使用が必要であり、術後の管理も重要となります。

6. 患者さんの全身的な健康状態

全身的な健康状態が抜歯の難易度に影響を与えることがあります。例えば、糖尿病や心臓病などの既往症がある患者さんの場合、抜歯のリスクが高まるため、病院の口腔外科での対応が求められることがあります。

抜歯の手順

埋伏歯の抜歯手順は以下のようになります:

1. 診断と計画

レントゲンやCTスキャンを用いて埋伏歯の位置や周囲の構造を詳しく確認し、抜歯計画を立てます。

2. 局所麻酔

患部に局所麻酔を施し、痛みを感じないようにします。場合によっては鎮静剤や全身麻酔が使用されることもあります。

3. 歯肉と骨の除去

歯肉を切開して、歯にアクセス出来るようにします。必要に応じて、周囲の骨を一部削除します。

4. 歯の分割

歯を小さく分割して、取り出しやすくします。歯の位置や形状によっては、複数回に分けて取り出すことがあります。

5. 歯の取り出し

分割された歯を慎重に取り出します。神経や血管を傷つけないように細心の注意を払います。

6. 縫合と術後ケア

切開した歯肉を縫合します。感染予防のために抗生物質を処方することがあります。術後の経過を観察し、必要に応じて追加のケアを行います。

親知らずの埋伏歯は、その位置や状態によって抜歯が非常に難しくなることがあります。専門的な知識と技術を持つ口腔外科医による治療が必要となる場合が多く、患者さんの安全と治療の成功率を高めるための、適切な対応が求められます。

病院の口腔外科を紹介する際の手順

1. 患者さんの診察と評価

歯科医師が患者さんの口腔内を診察し、X線撮影やCTスキャンを通じて親知らずの位置や状態を評価します。

2. 紹介状の作成

歯科医師が必要な情報を含む紹介状を作成し、病院の口腔外科に提出します。この紹介状には、患者さんの症状、親知らずの位置、過去の治療履歴などが記載されます。

3. 病院への連絡

歯科医院が病院の口腔外科に連絡を取り、予約を手配します。患者さんにも病院での受診日時を通知します。病院への予約は患者さんに行っていただく場合もあります。

4. 患者さんへの説明

患者さんに対して、なぜ病院の口腔外科が必要か、どのような手術が行われるか、手術のリスクと予防措置についてご説明します。

病院の口腔外科を紹介することで、専門的な治療を受けることができ、安全かつ効果的に親知らずの問題を解決することができます。

まとめ

親知らずの抜歯が難しいケースでは、病院の口腔外科での専門的な治療が必要となることが多いです。特に、親知らずが完全に埋まっている埋伏歯、異常な角度で生えている歯、重度の感染や膿瘍がある場合、神経や血管に近接している場合、顎の骨が厚く硬い場合、そして全身的な健康問題がある場合は、一般的な歯科医院では対処が難しいため、口腔外科の専門医による手術が推奨されます。これにより、患者さんの安全と治療の成功率を高めることができます。

この記事の監修者

医療法人真摯会
西宮クローバー歯科・矯正歯科 院長
廣石 勝也
朝日大学歯学部卒業。大阪歯科大学総合診療科臨床研修終了。国際口腔インプラント学会会員。

▶プロフィールを見る