インプラント|西宮クローバー歯科・矯正歯科

IMPLANT

インプラント

インプラントについて

インプラント

インプラントとは、虫歯や歯周病などで失われた歯を補う治療です。
顎の骨に歯の根の代わりとしてインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法で、高い審美性と天然歯に近い強度を得られるため、『第二の天然歯』とも呼ばれ、入れ歯やブリッジに代わる新たな治療法として普及しています。

インプラントの構造

インプラントは審美性と機能面に優れている反面、手術が必要になるなどの注意点もあるので、メリットとデメリットをよく把握した上で治療法を選択するようにしましょう。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

よく噛める

インプラントをすることにより、自分の歯と同じような感覚でしっかりと噛むことが出来ます。

食事
審美性に優れている

インプラントの上部構造にセラミックなどを選べば、天然歯と同様の優れた審美性を得ることが出来ます。

インプラントの審美性
他の健康な歯への負担がない

ブリッジの場合は、取り付けるために周囲の健康な歯を削らなければならず、入れ歯の場合も、バネをかける歯に負担がかかります。
その点インプラントは周りの健康な歯に負担をかけることがありません。

顎の骨が痩せるのを防げる

歯を失うと顎の骨は次第に痩せていってしまいますが、インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込むため、顎の骨に直接刺激が伝わり、顎の骨が痩せるのを防止することが出来ます。

インプラントのデメリット

保険が効かない

インプラントは自由診療で保険が効きません。なので、保険診療の治療に比べ費用が高額になります。

手術が必要

インプラントを埋め込む際に手術をしなければなりません。体への負担がかかってしまいます。

治療期間が長い

インプラント治療は通常の歯科治療に比べて治療期間が長くかかります。
お口の状態にもよりますが、4〜6ヵ月程度の期間を必要とします。
インプラントと骨が結合するのに時間がかかるためです。
治療前のカウンセリングで、どのくらいの期間がかかるのか確認するようにしましょう。

定期的なメンテナンスが必要

インプラントを長持ちさせるために、術後は定期的にメンテナンスに通い、インプラント周囲炎を予防する必要があります。

インプラントと入れ歯・ブリッジとの比較

歯を失った時の治療法には、インプラント以外に入れ歯やブリッジがあります。
どのような違いがあるのか比較してみましょう。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は脱着式の義歯で、部分的に歯を失った場合にも、すべての歯を失った場合にも対応出来ます。
保険診療と自費診療から選択可能で、保険診療を選べば費用を抑えることが出来ます。

インプラントのように手術を必要とぜず、持病があっても治療を受けることが出来ます。
デメリットとしては、咀嚼力が弱いことと入れ歯の寿命が短いこと、バネをかける歯に負担がかかること、装着に違和感を覚えたり、食事の時に不自由があることなどが挙げられます。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは失った歯の両端の歯を削り、それを土台とし、3本以上のつながった人工歯を固定する方法です。
しっかりと噛めるのがメリットです。

保険診療と自費診療から選択可能で、保険診療のものを選択すると費用を抑えることが出来ます。
デメリットとしては健康な歯を削らなければならないということです。

健康な歯を削ると歯の寿命が短くなる恐れがあります。
また、構造上、清掃しにくく汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病、口臭の原因になることがあります。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
機能性
天然歯とほぼ同等
×
咀嚼能力が低下する
×
天然歯とほぼ同等
審美性
天然歯とほぼ同等
×
入れ歯のバネ部分が目立つ

ブリッジの金属部分が目立つ
治療部分の違和感
なし
×
異物感が強い

なし
他の歯への影響
なし
×
バネをかける歯への負担あり
×
隣の健康な歯を削る必要あり
顎の骨への影響
なし
×
歯の抜けた部分の骨が痩せる
×
歯の抜けた部分の骨が痩せる
寿命
半永久的

7〜8年程度

7〜8年程度
治療条件
持病、歯周病がある場合は要注意

特に条件なし

ブリッジを支える歯が必要
治療期間
6〜24週間程度

短期間

短期間
保険 ×
保険適用外(自費診療)

保険適用

保険適用

治療の流れ

  • 01:初診相談、診査、治療計画

    初診相談は無料です。 当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)を重要視しております。 インプラント治療の不安な点、疑問点はもちろん、ご希望やなどなんでもお聞かせください。

    レントゲン撮影や口腔内診査など

    必要に応じてCT(費用別途)を撮ることもあります。 検査から、残っている歯、骨、歯茎の状態などを確認します。

    CT
    治療計画の立案

    埋入本数や部位、治療法や費用などについて詳しくご説明いたします。
    ご不明点があれば遠慮なくお尋ねください。

    カウンセリング
  • 02:一次手術

    (1回法と2回法があり、2回法の場合でご説明します)
    歯の根となるインプラント体を埋入します。
    歯茎を開き、インプラント体を埋め込むための穴を開け、インプラント体を埋入します。

    オペ

    一次手術

  • 03:二次手術

    インプラントと骨が結合した後、二次手術を行います。
    歯茎を開き、埋入したインプラントを露出させます。
    そしてアバットメントを装着し、上部構造を作成するために型取りをします。

    二次手術

  • 04:人工歯の装着

    完成した上部構造を取り付けて完成です。

    人工歯装着

  • 05:定期健診、メンテナンス

    インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスにお越しいただきます。

    メンテナンス

よくある質問とその回答

  • A:どなたでもインプラント治療が受けられるかというとそうではありません。
    以下に該当する方はインプラントをお受けいただけません。

    18歳以下の方
    インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込みますが、骨が成長段階にある場合、インプラントが骨の成長と共に移動してしまうため、治療をお受けいただけません。
    持病がある方
    循環器疾患(糖尿病、心筋梗塞、狭心症、不整脈など)
    呼吸器疾患(高血圧、腎臓病、肝臓病、喘息など)
    血液疾患(貧血、血小板が少ないなど)
    これらの疾患をお持ちのかたはインプラント治療をお受けいただけません。
    骨が薄い方
    骨粗鬆症で骨密度が低くなっている方は治療をお受けいただけないことや、治療をお受けいただけるかどうかの検査が必要になることがあります。
    放射線治療を受けている方、特に顎に放射線を当てている方は顎の骨が薄く、骨髄炎を併発する恐れがあるので治療をお受けいただけません。

    この他に虫歯や歯周病のある方はインプラント治療の前に治療を済ませておく必要があるのですぐにインプラント治療をすることが出来ません。
  • A:インプラントの埋入手術後に埋め込んだ部分が腫れることがあります。
    個人や症例により程度は異なりますが、早ければ術後2〜3日、遅くても1〜2週間でおさまります。
  • A:インプラント手術後に日常生活で気を付けた方がいいことを食事面と生活面にわけてお伝えします。

    《食事面》
    刺激物を控える
    辛いものは刺激が強く腫れの悪化や出血の原因になるので控えましょう。また、手術直後は麻酔が効いているため、熱さを感じにくく、熱いものを食べるとやけどしてしまうおそれがあります。固いものはインプラントの負担になるのでなるべく柔らかいものを摂るようにしましょう。
    飲酒を控える
    アルコールを飲むと血流がよくなるため、出血や腫れを引き起こす原因になります。

    《生活面》
    喫煙を控える
    たばこは血流を悪くし、インプラントと骨の結合を妨げる原因になるため控えましょう。
    激しい運動、長時間の入浴を控える
    激しい運動や長時間の入浴は血流をよくし、患部の出血の原因になるので控えましょう。
    ブラッシングで患部を刺激しない
    インプラントの手術後は歯みがきを控えましょう。患部を刺激することで傷口が開いたり、治りが遅くなることがあります。
    まったく歯を磨いてはいけないということではなく、患部以外はいつも通りにブラッシングし、お口の中を清潔に保つようにしましょう。

  • A:インプラント治療後に定期検診を受けていただく理由は、インプラントを長くお使いいただくためです。
    インプラント周囲炎になると、インプラントを支えている骨が溶け、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。
    インプラントには、歯根膜という細菌の侵入を防ぐ組織がないため、天然歯に比べて細菌感染を引き起こす可能性が高くなります。
    インプラント周囲炎は歯周病と同じく自覚症状がほとんどなく、気が付いた時には症状が進行してしまっていることもめずらしくありません。
    定期検診で症状が悪化する前に改善し、インプラントを長く使えるようにしましょう。
  • A:インプラントを入れていてもMRI、CTともに影響はありません。
    インプラントはチタンで出来ており、チタンは磁石に反応しにくいため磁気反応を用いるMRIには影響しません。
    CT検査はX線を用いる検査であるため、金属を身につけていても問題なく検査を受けることが出来ます。
インプラントについてもっと詳しく知りたい方は下記サイトをご覧ください。
 
電話受付時間 月〜日 9時〜13時 / 14時〜20時 (水・祝除く)