矯正治療|西宮クローバー歯科・矯正歯科

西宮の矯正歯科
当院は神戸矯正歯科グループの
一員です
矯正実績西日本一

矯正治療について

矯正治療カウンセリング

歯並びや噛み合わせが悪いことを不正咬合といい、これを正常咬合にしていくのが矯正治療です。
歯並びを治すことは見た目が美しくなるだけでなく、体の健康にも関係してきます。
また、歯並びがよくなることで歯みがきやお口のケアがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを下げることにもつながります。

西宮クローバー歯科・矯正歯科では、様々な種類の矯正方法があります。あなたに最適な治療法をご提案します。

こんなお悩みありませんか?

当院の豊富な矯正装置の種類

患者さんのお悩みやご希望に合わせ、最適な矯正方法をご提案しています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正
(インビザライン) 外部リンク

取り外し可能な透明なマウスピースを用いて歯並びを矯正します。透明なので目立ちにくく、装着時に気付かれにくいのが特徴です。

裏側矯正

裏側矯正 外部リンク

ワイヤー矯正の一種で、歯の裏側にワイヤーとブラケットを装着します。表側からは見えにくいため、審美性を気にされる方におすすめです。

ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正 外部リンク

ワイヤー、ブラケット共に白色の物を使用するので、銀色のワイヤーを使用した時に比べて目立ちにくくなっています。

セラミック矯正

セラミック矯正 外部リンク

歯にセラミックを被せて治療します。歯並び、歯の色、形を同時に改善することが出来ます。

子供の矯正

子供の矯正 外部リンク

お子さんの顎の発育を利用し歯並びを改善します。しっかり噛めるかどうか、口呼吸などの癖の有無はお子さんの運動能力や学習能力に影響を与えることがわかっています。

輪郭整形

輪郭整形 外部リンク

歯列矯正だけでは治らない、お顔の骨格自体を治す治療です。一日で治療が完了します。

当院の矯正治療の特徴

feature01

丁寧で親切な
無料初診カウンセリング

当院ではカウンセリングに力を入れています。
患者さんのお悩みやご希望、どうなりたいかなどを丁寧にお聴きし、可能な限りご要望にお応えいたします。
また、患者さんの気になることをお伺いし、治療にあたっての不安や疑問を解消し、安心して治療を受けていただけるよう心掛けています。
カウンセリングを通して患者さんと信頼関係を構築出来るよう努めております。

カウンセリング
feature02

3Dシミュレーションで
現在と治療後の歯並びが見られる

カウンセリングの際はiTeroという口腔内スキャナーを使います。
iTeroを使用すると、現在の歯並びや噛み合わせの状態を3Dのカラー画像をその場でご覧いただけます。
さらに治療後の状態をシミュレーション出来るので、矯正で歯並びがどのくらい改善出来るのかが明確にわかります。

iTero
feature03

様々な矯正方法をご用意

当院では、スタンダードなワイヤー矯正はもちろん、取り外しが可能なマウスピースを用いたマウスピース矯正、矯正器具を歯の裏側に装着する裏側矯正、一般的なワイヤーより目立ちにくいホワイトワイヤー矯正など、様々な矯正方法をご提供しています。 患者さんのお話をお伺いし、最適な矯正方法をご提案させていただきます。

マウスピース矯正、裏側矯正
feature04

セカンドオピニオンも
受け付けています

矯正治療を始めるにあたり、他の歯科医院の意見を聞きたい方、当院では、セカンドオピニオンも受け付けています。
患者さんによりよい治療をお受けいただくために、第三者的な立場から、客観的に診断・お話をさせていただきます。

歯科医師
feature05

通いやすいから続けやすい

当院は阪急西宮北口駅から徒歩約3分、西宮ガーデンズ プラス館にあります。
平日だけでなく、土日も20時まで診療しているため、学校帰りやお仕事帰り、休日など、患者さんのご都合のよい時にご来院いただけます。

阪急西宮ガーデンズプラス館
feature06

リスクもきちんとお伝えします

カウンセリングでは、よいことばかりではなく、考え得るリスクについても丁寧にご説明します。
リスクについてもご納得いただくことで、安心して治療に専念していただくと同時に、治療中や治療後の「こんなはずじゃなかった」をなくすことにもつながります。

メリット、デメリット

矯正治療の
メリット・デメリット

矯正治療のメリット

口元のコンプレックスがなくなる

歯列矯正をすると歯並びがきれいになり、お顔の印象がよくなります。
口元にコンプレックスがあると、自信を持って笑うことが出来なかったり、表情に自信が持てなかったりします。
矯正をしてコンプレックスが解消されると、笑顔が増えたり表情に自信が持てるようになり、印象アップにつながります。
接客業や営業職の方などは仕事にもよい影響があると言えるでしょう。

笑顔の女性

虫歯や歯周病のリスクが減る

歯並びがよくないと歯と歯の間に隙間が出来ることで歯みがきをしてもきちんと汚れを取り除くのが難しく、歯垢や食べかすなどが残りやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
歯列矯正をし、歯並びが整うとお口の清掃性が向上し、虫歯や歯周病のリスクが下がります。
また、矯正をきっかけにお口の健康への意識が高まることも予防につながります。

口元

よく噛めるようになる

歯列矯正をすると噛み合わせが改善され、咀嚼機能が向上します。
よく噛めるようになることで、食べ物をしっかりと噛み砕くことが出来るようになり、唾液の分泌量も増え、胃腸の負担を減らすことが出来ます。
また、味覚が向上する効果もあります。

食事を食べる女性

身体が健康になる

噛み合わせはお口だけではなく、体全体にも影響を及ぼします。
歯並びが改善されると全身のバランスが整い、不定愁訴(体の不調)が軽減されることもあります。
また、よく噛むことで脳に刺激が伝わり血流がよくなることで脳の健康につながります。

運動をする女性

矯正治療のデメリット

矯正治療特有の違和感や痛み

時間をかけて少しずつ歯を動かすとはいえ、歯を動かすので痛みが生じます。
特に装置を着けたばかりの歯が動き始めるタイミングで痛みを感じることが多く、時間の経過と共に緩和されます。
また、矯正装置が頬や舌にあたることで痛みを感じることや、粘膜を傷つけることで口内炎が出来てしまうこともあります。

歯が痛む女性

虫歯や歯周病になるリスク

特にワイヤー矯正の場合は、装置と歯の間に食べかすや歯垢がたまりやすく、細菌が繁殖しやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
また、装置を着けていると歯みがきがしにくくなります。そのため、より丁寧にブラッシングをする必要があります。

歯肉退縮や歯根吸収のリスク

歯肉退縮とは歯茎の位置が下がってしまうことで、歯根吸収とは歯の根が短くなることです。
歯肉退縮も歯根吸収のいずれも矯正により強い力がかかった時に起きやすくなります。
一般的に矯正治療はそこまで強い力がかかるものではないため、心配する必要はありません。

矯正治療の流れ

初診から治療開始まで

01:無料初診カウンセリング

まずは初診カウンセリングにお越しください。
ドクターがあなたのご希望、お悩みを詳しくお伺いします。
ご不明点があれば気軽になんでもお聞きください。(必要に応じてレントゲンを撮ることがあります)

カウンセリング

02:精密検査

お口の中を診ることはもちろん、顎の状態など詳細な検査をし、総合的に治療計画を立てていきます。

精密検査

03:計画治療の立案・ご説明

精密検査の結果や患者さんのご希望を元にして治療方法をご提案します。
治療内容や期間、費用についても遠慮なくお尋ねください。丁寧にご説明させていただきます。

治療計画の説明

04:虫歯や歯周病があれば治療

矯正治療を開始する前に虫歯や歯周病がないかを確認します。
もし虫歯、歯周病があった場合は治療した上で矯正治療を開始します。

診察

治療中

05:矯正治療を開始

矯正器具を装着し、治療がスタートします。

矯正治療開始

06:調整

矯正治療を開始したら、定期的に通院していただき、歯の状態を確認し、装置を調整します。

調整

治療後のケア

07:矯正治療終了・保定(経過観察)

矯正治療が終了したら装置を外します。
矯正装置を外した後は、後戻りを防止するために保定装置(リテーナー)を着けていただきます。
保定の期間中も定期的に通院していただき、歯並びや噛み合わせが安定するまで経過観察を行います。

保定装置

08:定期健診

きれいになった歯並びを保つため、定期的にご来院いただき、歯科衛生士によるクリーニングを受けていただきます。
クリーニングは虫歯や歯周病の予防や早期発見になります。

定期健診

よくある質問とその回答

  • A:歯列矯正には歯全体を矯正する全体矯正と特定の箇所のみを矯正する部分矯正があります。
    それぞれで期間は異なり、全体矯正の場合はおよそ1〜3年、部分矯正の場合では2ヶ月〜1年半程かかりますが、これはあくまで目安で症例により異なります。
  • A:歯列矯正を受けられる年齢に明確な制限はなく、歯と歯茎が健康である限り何歳になっても治療をお受けいただけます。
  • A:矯正治療により歯を動かした後は周囲の骨が不安定な状態にあり、歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」が起きやすい状態です。
    保定装置とは矯正治療後の不安定な歯列を固定し保持するための装置です。
    保定装置にはマウスピース型、ワイヤー型、プレート型があります。
  • A:矯正に伴う歯の痛みには大きくわけて2つあり、歯が動く時に起こる炎症反応に起因する痛みと、矯正装置が頬や舌に当たって痛む機械的刺激とがあります。
    炎症反応による痛みは矯正装置を装着した、もしくは調整した当日と翌日が一番強く、数日で落ち着くことがほとんどです。痛みが強い時は痛み止めの服用が有効です。
    機械的刺激は矯正用ワックスを使用したり、お食事を工夫することで軽減可能です。
  • A:矯正装置の種類によりお食事などに制限が生じることがあります。
    マウスピース矯正の場合はお食事中は取り外すことが出来るため、特に制限はありませんが、ワイヤー矯正の場合は、ガムやキャラメルなどは矯正装置に絡みつくと取るのが大変になります。また、氷やピーナッツなどの固い食べ物は矯正装置が壊れやすくなるため注意が必要です。そのため、これらを食べるのを控えた方がよいでしょう。
  • A:矯正治療中に食事制限をする必要は特にありません。
    マウスピース矯正の場合は、お食事の時にはマウスピースを外すので、控えるべき食べ物も特にありません。ワイヤー矯正の場合は控えた方がよいもの、食べにくいものなどがありますので、ご紹介します。

    ●装置が外れてしまうかも知れない食べ物
    ・お餅
    ・ガム
    ・キャラメルの他、粘着性の食べ物
    ●矯正装置に絡まりやすい食べ物
    ・キノコ類
    ・ネギ、にらなど繊維質の野菜
    ・筋の多い肉や骨付きの肉
    ・麺類
    ・イカやエビなど
    ●隙間に詰まりやすい食べ物
    ・米
    ・パン
    ・麺類
    ・クッキー、ビスケット
    ・野菜
    ●歯ごたえのある食べ物
    ・煎餅
    ・するめ
    ・フランスパン
    ・リンゴや柿
    ・きゅうりなど

矯正についてもっと詳しく知りたい方はこちらから。
矯正の費用についてはこちらから。
電話受付時間 月〜日 9時〜13時 / 14時〜20時 (水・祝除く)